CO中毒から命を守るには

先日次の投稿をしましたが、昨日には被害に遭ったクリニックの院長の死亡が確認され、今日、入院治療中だった方が一人亡くなって死者が25人になったことを知りました。

ますます一酸化炭素中毒の恐ろしさを感じていたところ、次の記事が目に留まりました。大阪での火災は出火元が出入り口付近だったことから逃げ道が塞がれて大参事となったわけですが、次の記事は出口に急ぐまでに取るべき体勢が書かれています。

室内で火災が起きた時、CO中毒から命守るには…専門家が避難方法を解説 | ヨミドクター(読売新聞)
 一酸化炭素(CO)中毒から命を守るためにはどうすればいいのか。「防災システム研究所」(東京)で防災や危機管理を研究する山村武彦所長は「室内で火災が起きた時は、とにかく低い姿勢になり、出口へと急いでほしい」と話す。  山村所長によると、火災が発生した室内では、煙が充満する。視界が遮られるだけでなく、COや炭素の粒子を吸...

とっさの場合に備えて、私も忘れないようにするつもりです。

タイトルとURLをコピーしました