小顔と脳の大きさ

最近の若い方たちは顔が小さいですね。

年配者と若者が一緒に写った写真などを見ると、顔の大きさの違いが歴然だったりします。

それで、急に気になりました

小顔だと頭蓋骨も小さいわけですから、「脳の容量も小さいと考えると、知能はどうなの」と気になってしまったのです。

ちなみに、多くの方はご存じだと思いますが、若い人たちが小顔なのは食生活の関与が大きいことが指摘されていますね。

堅いものを食べなくなって顎が退化した結果だそうで、次のページにわかりやすい説明がありました。

咀嚼と顔の進化  噛まないために小顔に 顎関節症  - 川村歯科・かみ合わせ矯正歯科 in 仙台 // 日本顎関節症リハビリ研究会 快適咬合を願って:楽天ブログ
噛む力と 噛む筋肉 咀嚼と 食生活と 顔の変化 mamesuzu さん へ 噛まないと 小顔になって  歪んで 片方で咬むでいても 歪みます 顎関節症は 症状の一つです 未来人は アゴが退化して 歯がう

上ページには、進化の過程シミュレーションが載っていますが、未来の日本人の顔は完全な逆三角形ですね。

顎が退化して逆三角形になると、顎関節症が増えるそうです。

怖いですね

タイトルから逸れてしまいましたが、脳の大きさと知能については次のページを見つけました。

知ってたけどやっぱりそうだった。脳の大きさと知能はまったく無関係であることが判明(オーストリア研究) : カラパイア
 1836年の初頭、ドイツの解剖学者フリードリヒ・ティーデマンは、「脳の絶対サイズと知能や心の機能との間には間違いなく関連性がある」と発表した。しかし、この説について専門家たちの意見は二分され、大きな脳が高い知能を意味しているのかどうかについては、長

上ページには、次のように書かれています。

オーストリア、ウィーン大学の国際的チームは、8,000人の被験者からなる148のサンプルデータを取得し、脳の体積とIQとの関係を調査した。その結果、被験者の性別や年齢にかかわらず脳のサイズとIQには強固な関連が確かにあるが、それはわずかなものでしかないことが判明した。大きさよりはむしろ、脳の構造と統合性がIQの生物学的な基礎として重要な役割を果たしているという。

頭蓋骨が大きくて脳が大きくてもIQが高いとは限らず、小顔で脳が小さくても脳の構造や統合性によって高いIQの持ち主になりうるということですね。

少し安心しました。

なぜ安心したかと言いますと、日本の将来を担う若者たちがドンドン小顔になってゆくので、日本の将来への懸念を抱いていたのですが、その心配は無用だとわかったためです

でも、若い方たち、顎が退化すると顎関節症になりやすいそうですよ。お気を付けください

タイトルとURLをコピーしました