甲状腺がんとは

次の記事を読み、プーチン大統領が甲状腺がんなのかというより、甲状腺がんの症状や生存率などが知りたくなりました。

プーチン大統領は“甲状腺がん”? スクープメディア「専門医が別荘地同行」…さらに2つの“理由”も
ロシアの独立系メディアが、プーチン大統領が甲状腺に何らかの病気を抱えているという可能性を指摘し、“健康不安説”が飛び出しました。めざまし8は、独立系メディアの記者を取材、プーチン大統領の動静について聞きました。ロシア独立系メディア「プロエクト」ミハイル・ルビン副編集長:我々は以前から、大統領の健康状態をオープンにする取...

症状については、次のページを読みました。

甲状腺がん:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

通常は、しこり(結節)以外の症状はほとんどありません。まれに、違和感、呼吸困難感、嗄声させい(声のかすれ)、のみ込みにくさ、誤嚥ごえん、圧迫感、痛み、血痰けったんなどの症状が出てくることがあります。

上ページのリンク先に次が書かれていました。

発生要因のうち、確実なものは若年時(特に小児期)の放射線被ばくです。

また、甲状腺がん(特に髄様がん)は、血縁のある家族内に甲状腺がんになった人がいると、発生する可能性が高くなると考えられています。

生存率をはじめ統計情報は、次のページに書かれていました。

甲状腺:[国立がん研究センター がん統計]
国立がん研究センターがん情報サービスの「がん統計」「がん対策」に関する情報を掲載したウェブサイトです。

どのがんでも早期発見で適切な治療を受けることが大切で、それができることが生存率を高めることにつながると言えますね。

甲状腺がんは「しこり」が主な症状とのことですから、気になる方には早急な受診をお勧めしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました