下肢静脈瘤

次の記事を読みました。

血管がボコボコと浮き出る下肢静脈瘤…体の負担が少ない新しい治療で脚のむくみやだるさが軽快 | ヨミドクター(読売新聞)
 30歳代後半のIさんは左膝の裏が内出血をしたと来院された。膝の裏からふくらはぎにかけて内出血が見られ、その周りにコブのような血管が浮き出ていた。下肢静脈 瘤(りゅう) である。  Iさんは立ち仕事が多く、足のむくみやだるさを以前から感じていた。内出血は少し安静にしてもらうだけで大丈夫と思われたが、今後の治療について専...

下肢静脈瘤は上記事にもありますように比較的女性に多く見られる症状であり、長時間の立ち仕事、妊娠、加齢などと関連していることがわかっています。

静脈瘤が生じる機序について、記事には次のように説明されています。

足の静脈は地球の重力に逆らって血液を心臓に戻さなければならない。静脈には逆流を防ぐ弁がついているだけであり、心臓に戻す力は主にふくらはぎの筋力に任されている。この弁が壊れたり、ふくらはぎの筋力が衰えたりすると、血液が静脈にたまってしまう。血液の圧力で静脈の壁が引き延ばされ、コブのように膨らむ。

実は、私の母にも下肢静脈瘤がありました。

記事に家族の中に下肢静脈瘤を持つ人がいる場合発症しやすいと書かれていますが、私には今のところ症状はありません。働き者だった母と違って怠けているからかもしれないです

症状の軽減策として、記事には次が書かれていました。

1時間に1回、数分間足を上にあげて心臓に近い位置にすることや、ふくらはぎを動かすようウォーキングや足踏みなど軽い運動を心がけること、弾力性のあるストッキングを着用することなどである程度症状は軽減する。

他に記事にはレーザー等で血管を焼く方法(血管内焼灼治療)等も紹介されていますので、下肢静脈瘤にお悩みの方には記事をご一読の上、専門クリニック等の受診をお勧めしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました