破傷風の予防接種

私もワクチン接種を受けていない年代のため、注意しなければと思いました。

アウトドア派の中高年は「破傷風」に注意 ワクチン未接種多く…全身けいれん、呼吸困難 死亡者も | ヨミドクター(読売新聞)
  Q  春めいてきて、ガーデニングに家庭菜園、山菜摘みが楽しみ。密でないから新型コロナの心配も少ないはず。   ヨミドック  野外活動をするときは、破傷風に気を付けてくださいね。   Q  聞いたことはあるけれど、どんな病気?   ヨ  土の中の破傷風菌が傷口から入って引き起こす病気です。潜伏期間は3日~3週間。菌が...

記事に次が書かれていました。

国内での予防ワクチンの定期接種は1968年に始まったので、67年以前生まれの人の多くは未接種です。こうした中高年世代を中心に、今も年間100人以上がかかり、10人近く死亡しています。

そして、たとえワクチン接種を受けていたとしても安心できないようです。

定期接種をしても、20歳代後半から30歳代になるとワクチンの抗体価は落ちてきます。そこで、10年に1回のペースで追加接種することが勧められています。

春になって、山菜摘みやガーデニングを楽しむ方たちもいらっしゃると思います。

記事にありますように破傷風は土の中の破傷風菌が傷口から入って起きる病気ですので、野外活動の際にはくれぐれもお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました