チャイルドシート

6歳の孫用のチャイルドシートを買い替えたと娘が言っていたので、まだチャイルドシートが必要なのかと思っていたところでした。

お迎えにきた義父母の車にチャイルドシートがない…乗車を断れますか? | ヨミドクター(読売新聞)
 前回、交通事故による死傷者は毎年減少し、対策が有効に機能しているとお話ししましたが、2021年の交通事故による24時間以内の死者数は2636人となっており、いまだに課題は山積しています。 子どもの事故死の42%は交通事故  2020年の人口動態統計をみると、0~19歳の不慮の事故死の総数は447人、そのうち交通事故に...

上記事に、次が書かれていました。

生後15か月までは、後部座席に、進行方向に対して後ろ向きにチャイルドシートを設置します。できれば2歳までは、後ろ向きに座らせた方が安全です。
それ以後は、前向きに座らせます。身長が100cmくらいまでは幼児用シート、以後、身長が140cmくらいまでは学童用シート(ジュニアシート)を使用します。

娘の話では、3歳の孫が今まで使っていた後ろ向き設置のチャイルドシートは使わず、6歳の孫が使っていた幼児用シートを3歳の孫が使い、6歳児用にジュニアシートを購入したとのことでした。

6歳の孫は来年4月から小学生になりますが、記事によると身長が140cmくらいまではジュニアシートが勧められるようですから、まだしばらくはチャイルドシートのお世話になるのだと思います。

記事には アメリカやカナダでは、チャイルドシートを持参しないと産院から退院の許可が下りません。と書かれていましたが、日本での令和4年4月22日から6月30日までのチャイルドシート使用状況の全国調査の結果は利用が74.5%だったことが次の記事に書かれていました。

ERROR: The request could not be satisfied

子供がいる2割以上の家族が車で出掛ける際にチャイルドシートを使用していないことになりますが、利用している場合でも適切に使用していない場合があるようです。

取り付けられたチャイルドシートのうち、適切な取付けができていた割合は65.2%、チャイルドシートを使用していた幼児のうち、幼児を適切に着座させることができていた割合は49.5%でした。

まだチャイルドシートを着けていない車にお子さんを乗せている親御さんには、チャイルドシート不使用者の致死率は適正使用者の約5.3倍 という数字を重く受け止めていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました