Windows10の21H1

今朝、最初に起動したPCのWindowsUpdate画面に、Windows10の大型アップデート「Windows 10 May 2021 Update(21H1)」が表示されました。

そろそろ来るかとは思っていましたが、いつも突然現れるんですよね

21H1については不具合情報も未確認でしたし、インストールするかどうか迷ってネット検索したところ、次のページが目に留まりました。

【特集】 「Windows 10 21H1」は何が変わったのか?アップデート内容まとめ
 2021年5月19日、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 May 2021 Update(以下21H1)」の配布が開始された。年2回実施されるWindows 10の機能アップデートの2021年上半期版だ。ここでは21H1に実装されたアップデート内容について紹介していく。

上記ページに次のように書かれていたので、「まあ、大丈夫だろう」と思ったためアップデートをすることにしました。

今回の21H1は、UIの更新やアプリの追加といった「目に見える」アップデートはほとんどなく、大きなトピックはわずか3つしか公表されていない。しかも、そのいずれもバグフィックスを中心としたもので、機能的にも企業向けのものとなっており、一般ユーザーにとっては地味なアップデートと言えそうだ。

そして、ダウンロードとインストールですが、数分という時間内に終わってしまったのです。

これまでの大型アップデートではそれなりに時間がかかっていましたから、今回の状況には「もう終わったの」という感じでした。

手持ちのWindows10の4台ともアップデートしましたが、目立った不具合は今のところ感じられないものの、ただ1点、4台とも同様の現象が生じています。

それは、PCのバージョン情報の画面のバージョンとビルドは最新に変更されているにも関わらず、インストール日が昨年秋に20H2をインストールした日付のままだということです。

上記事の筆者のPCのインストール日は2021/05/20となっていますから、「私のPCはどうして」と思いました。

しかしながら、インストール日が変更にならない以外PCの稼働事態には今のところ問題はなさそうなので、しばらく様子を見るつもりです

タイトルとURLをコピーしました