イベルメクチン

興味深い記事を読みました。

「イベルメクチンで感染者数・死亡者数を劇的に減らせる」米国の医師団体が提言 未だに流通しない裏事情とは | デイリー新潮
ワクチン接種が加速化し、治療薬もあれば五輪の「安全、安心」も現実味を帯びる。…

イベルメクチンについては新型コロナウィルスによる感染拡大が始まった時期に治療薬候補として挙がっていた記憶があるのですが、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智博士が発見したにもかかわらず日本ではなく諸外国において治験が進んでいたようです。

記事によると、6月5日、全米で新型コロナの救急救命の最前線に立ってきた医師団体、FLCCCアライアンスと、その会長のピエール・コリー博士が、日本オリンピック委員会(JOC)宛てに、五輪の安全な開催への希望として送った文書に次が書かれていたそうです。

イベルメクチンを中心としたプロトコル(手順)にビタミンを加えたものによって、この病気のすべての段階を予防、治療できることが、何十もの査読ずみの研究成果として明らかになっています。この非常に安全、効果的、かつ安価で広く入手可能な薬剤は、ノーベル賞を受賞した優秀な日本人研究者によって、約50年前に世界に与えられたもので、今回のパンデミックにおいて、何十万人もの新型コロナ患者とその家族に救命効果をもたらしたことは、世界的に評価されるべきです。イベルメクチンが広く配られると、プログラム開始後、10日以内に感染者数と死亡者数が劇的に減少します。これはメキシコ、インド、ペルー、ブラジルなどの国々で実際に起きた成果です。(中略)世界の目が東京に向けられているいま、日本のリーダーたるあなた方にとっては、パンデミックから抜け出し、当初意図されたように開催することで五輪の栄光を世界に示すチャンスです

日本でも使用している医師がいることが記事には書かれていて、その中の一人である福岡記念病院の向野賢治感染制御部長は次のように述べたそうです。

高熱、肺炎で入院した患者十数例に単剤投与を行い、高齢患者を含めて半数はよくなっています。単剤で十分な効果が得られなければ、炎症を抑えるステロイドとアクテムラを併用投与しています。抗ウイルス薬は早期投与が原則ですが、イベルメクチンは感染から少し日が経ってからでも、一定の効果が期待できます。抗ウイルス作用と抗サイトカイン作用という、二つの作用があるためで、肺の炎症が進んでいても、これらの作用で抑えられる可能性がある。海外の多くの研究で効果が示されており、緊急使用を検討してもよいのでは、と考えます。

記事では日本においてイベルメクチンがコロナに治療薬としてあまり使われていない理由をいくつか挙げていますが、緊急使用を認めるなど、政府の早急な対応が必要だと強く感じました。

タイトルとURLをコピーしました