マスク越しの会話

まだしばらくはマスク生活が続くと思えるため、次の記事を興味深く読みました。

マスク越し 聞き取りにくい!…低めの声でゆっくり話す、平易で簡潔な言葉遣い | ヨミドクター(読売新聞)
  Q  お年寄りに道を尋ねられたけど、説明してもよく聞こえないようだった。お互いマスクでしょ。   ヨミドック  新型コロナウイルスの感染予防策が日常化し、「聞こえにくさ」を感じている人は多いですね。   Q  うちのおばあちゃんは、コンビニでのマスクの店員さんとのやりとりが苦手だって困ってた。   ヨ  耳が不自由...

上記事はQ&A形式になっていて、レジ前にアクリル板やビニールシートがある所では、私もよく聞き返すよという問いの返答に次が書かれていました。

マスク越しだと、高周波数の音、いわゆる高い音が特に小さくなるという実験結果があります。フェースシールド越しだと、マスク以上に高い音が影響を受けます。高齢者の難聴は、高い音から聞こえにくくなることが多いので、なおさら困るでしょう。

私の薬局にはお年寄りの来店が多いため、次は特に参考になりました。

看護師の間では、「低めの声でゆっくり、はっきり話す」ことが勧められているそうです。聞き取りにくい音を避けて、「7時」を「しちじ」でなく「ななじ」、午後1時を「13時」などに。聞き取りやすい「平易で簡潔な言葉遣い」が大切ですね。

薬の場合は間違いがあってはならないですから、低めの声でゆっくり、はっきり話すことをすぐに実行しようと思いました。

タイトルとURLをコピーしました