残っている“アベノマスク”を無料配布

次の記事を読みました。

“アベノマスク”を無料配布する方針を発表 世間の反応は(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルス対策として、安倍政権が配布した布マスク、いわゆる「アベノマスク」に関して、政府の発表した方針が様々な反響を呼んでいる。

このマスクのことは記憶が薄れかけていたのですが、記事を読んで腹立たしい思いが再び起こりました

安倍政権時代、国が調達した約2億8000万枚のうち、3割近くにあたる約8200万枚(=115億円相当)が、今年3月末の時点で未配布のままだったことが明らかになった。しかも、その保管に約6億円もの費用が掛かっていることも判明し、問題視されていた。

保管するのに費用がかかることは理解しますが、その費用に6億円という金額には税金が無駄に使われているという思いしかありません。

記事には次のように書かれていましたが、国民が税金の無駄遣いと思わないような解決策を願うばかりです。

岸田総理大臣は、“アベノマスク“の在庫について「有効活用の道を探りたい」としていたが、15日の午前11時過ぎ、政府は布マスクについて「希望する自治体に配布し、災害備蓄や、地域住民への配布などで活用していただくこと、希望する個人の方への配付をすることなどの取り組みを進める」という方針を発表した。

タイトルとURLをコピーしました