食べログの不当点数操作の記事

コロナ禍以降、以前に増して外食していない私ですが、以前は店を決める際に参考にしてた「食べログ」でしたので、記事には少なからずショックを受けました。

「食べログ被害者の会」が発足。飲食店代表が訴える“不当な点数操作”の実態 | bizSPA!フレッシュ
 飲食店を探す際、口コミサイトやグルメサイトを確認することは一般化した。ただ、正しい情報が記されているかは不透明な可能性がある。  焼き肉チェーン「KollaBo」を運営する株式会社韓流村は2022年4月4日、株式会社カカクコムが運営するグ

記事は次の文面から始まっていました。

飲食店を探す際、口コミサイトやグルメサイトを確認することは一般化した。ただ、正しい情報が記されているかは不透明な可能性がある。

そして、次が続いていました。

焼き肉チェーン「KollaBo」を運営する株式会社韓流村は2022年4月4日、株式会社カカクコムが運営するグルメサイト「食べログ」が2019年5月21日以降、チェーン店を対象に恣意的に点数を下げるアルゴリズム“チェーン店ディスカウント”を設定・運用していたとして、「食べログ被害者の会」を立ち上げ、集団での法的措置を取ることを呼びかけている。

チェーン店ディスカウントとは食べログユーザーがつけた口コミ点数とは関係なく、最大0.5点も下がる不当な点数制度だそうで、記事には点数の付け方がブラックボックス化していて公平公正とは言い難いとも書かれていました。

そして記事には、チェーン店ディスカウントを受けた飲食店が食べログ経由の予約が7割減少したことも書かれていました。

飲食店を決める際に利用することが多い食べログを始めとした口コミサイトですが、付けられた点数が不適当であれば、何を参考にしたら良いのかと思ってしまいますね。

誕生日や結婚記念日など、特別な日に飲食店を利用する人は多く、恐らく3.5点以上のお店を選ぶだろう。しかし、その評価は不適切な可能性もあり、特別な日を台無しにするリスクさえ存在する。

訴訟の審判は6月に下されると書かれていましたが、記事の文末に書かれているように、チェーン店ディスカウントが本当かどうか、私も今後の動向に注目したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました